2010年06月01日

「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)

 「みんなで食べよう宮崎の牛」―。鳥取県米子市の畜産農家が経営する焼き肉店が6月1日から、これまで扱っていなかった宮崎の牛肉をメニューに登場させる。普段はライバルだが、口蹄(こうてい)疫で苦境に立つ宮崎の生産者にエールを送ることを決めた。
 「同じ生産者として痛いほど気持ちが分かる」と語るのは、鳥取県のブランド牛「大山黒牛」の専門店を経営する西田佳樹さん(38)。西田さんは大山黒牛を約130頭飼育する畜産農家でもある。
 子牛が生まれてから出荷までの約900日間は「牛に幸せに過ごしてもらうよう骨身を削る」日々だ。そうして育てた牛は「消費者が喜ぶおいしい牛になる」という。
 連日の報道で「感染していない地域の牛まで風評被害で売れなくなる可能性」を耳にした。生産者の仲間としてできることはないか。宮崎の牛肉を店で提供することを思い付いた。
 通常は1カ月間で1000人前のコースが売れるが、半分に当たる500人前を宮崎から買い入れる。その分、自分の牛が売れなくなる恐れもあるが、「やってみよう」と踏み切った。
 初回の仕入れ先は宮崎県日南市の牛で30キロ。現地の畜産農家と話した上で選んだ。他の非感染地域からも買っていくという。 

放置車両横流し警官、大阪市の照会情報悪用か(読売新聞)
<障害者支援>つなぎ法案、議員立法で今国会成立へ(毎日新聞)
赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷(産経新聞)
posted by アサヒ シゲキ at 16:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。