2010年06月11日

旧軍施設跡の銘板 「強制連行」でバトル(産経新聞)

 ■市民団体「根拠ない、撤去を」 橋下知事「教科書でも使用」

 大阪府が戦後50年記念事業として、府内に残る旧軍施設跡などに設置した銘板をめぐり、市民団体と橋下徹知事が対立している。4カ所の銘板に「強制連行された朝鮮人」が働かされた−との説明があり、団体側は「強制連行の定義や根拠が不明」と銘板の文言変更か撤去を府に要求したが、知事は根拠を示す資料はないとした上で「教科書でも使われている表現」などと拒否。バトルは膠着(こうちゃく)状態が続いている。

 府は平成6年、翌年の戦後50年事業の一環として、戦争の悲惨さを次世代に伝えるため、府内の旧軍施設跡などに銘板を設置する事業を企画。市町村や府民から情報を集めるなどして調査を進め、地下壕跡や飛行場跡など12カ所を選定、7〜8年に設置した。

 このうち強制連行された朝鮮人が働かされたとの説明が記された銘板は、生玉公園地下壕跡(大阪市天王寺区)▽大阪城公園(中央区)▽タチソ地下壕跡(高槻市)▽大阪警備府軍需部安威倉庫跡地(茨木市)。

 暴力的な拉致をイメージさせる強制連行は、戦前の日本の加害性を追及する言葉として使われる傾向が強く、先の大戦中の労働力不足に伴い、日本国民に労働が課せられた徴用と混同されるケースも多い。徴用は合法的な労務動員。仮に強制連行と呼ぶとしても、日本の一部だった朝鮮半島への適用は昭和19年9月から半年間にすぎなかった。強制連行の被害を証言する元労務者の中には、徴用以前に行われた労務動員の募集や出稼ぎなど自らの意思で来日した例も多い。

 このため、銘板の記載に疑問を抱いた市民団体「戦争資料の偏向展示を正す会」(青木匠代表)が平成20年夏、強制連行の根拠を示す資料の提示を府に要請した。府からは「資料は存在しない」と回答があったため、正す会は昨夏、橋下知事への質問状で銘板の文言変更か撤去を求めた。

 しかし、知事側はこれまでに、銘板を設置した戦後50年当時は過去の戦争や植民地支配を謝罪した「村山談話」があった▽募集や徴用などでやむなく来た人もいた▽教科書に一般用語として使われている−とし、「強制連行は社会的な状況を総合的にとらえた表現」と回答。正す会の要求を拒否している。

 正す会は「強制連行は虚構。銘板を放置すれば、嫌がる朝鮮人を無理やり連れてきたという誤ったイメージが定着し、後世に禍根を残す。橋下知事に直談判したい」としている。 

ART-SCHOOL、10周年野音にドーパン&plenty参加
CR−Z、受注8000台=発売2週間で年間計画の3分の2−ホンダ
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
伸子夫人、菅新首相に「ご愁傷さま」(スポーツ報知)
今度は『コリラックマ』のノートパソコン! ビックカメラとソフマップ店頭で販売
posted by アサヒ シゲキ at 12:30| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)

 「みんなで食べよう宮崎の牛」―。鳥取県米子市の畜産農家が経営する焼き肉店が6月1日から、これまで扱っていなかった宮崎の牛肉をメニューに登場させる。普段はライバルだが、口蹄(こうてい)疫で苦境に立つ宮崎の生産者にエールを送ることを決めた。
 「同じ生産者として痛いほど気持ちが分かる」と語るのは、鳥取県のブランド牛「大山黒牛」の専門店を経営する西田佳樹さん(38)。西田さんは大山黒牛を約130頭飼育する畜産農家でもある。
 子牛が生まれてから出荷までの約900日間は「牛に幸せに過ごしてもらうよう骨身を削る」日々だ。そうして育てた牛は「消費者が喜ぶおいしい牛になる」という。
 連日の報道で「感染していない地域の牛まで風評被害で売れなくなる可能性」を耳にした。生産者の仲間としてできることはないか。宮崎の牛肉を店で提供することを思い付いた。
 通常は1カ月間で1000人前のコースが売れるが、半分に当たる500人前を宮崎から買い入れる。その分、自分の牛が売れなくなる恐れもあるが、「やってみよう」と踏み切った。
 初回の仕入れ先は宮崎県日南市の牛で30キロ。現地の畜産農家と話した上で選んだ。他の非感染地域からも買っていくという。 

放置車両横流し警官、大阪市の照会情報悪用か(読売新聞)
<障害者支援>つなぎ法案、議員立法で今国会成立へ(毎日新聞)
赤松農水相の動画に非難殺到 にやけた表情で「早く殺せって言ってる」(J-CASTニュース)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)
前原国交相「ツートップの問題極めて大きい」 内閣の支持率低迷(産経新聞)
posted by アサヒ シゲキ at 16:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

法案採決めぐり解任決議提出(産経新聞)

 自民、公明両党の幹事長、国対委員長が26日午前、都内のホテルで会談し、宮崎県で感染が拡大した口蹄(こうてい)疫問題について、両党がそれぞれ国会提出した緊急特別措置法案の与野党協議を優先し、協議が不調に終わった場合は赤松広隆農水相への不信任決議案を提出することで一致した。特措法案は全頭処分による農家の損失を全額負担する内容。27日中の衆院通過を目指している。

 また、自民、公明、共産、みんなの野党4党は26日午前、放送法改正案を強行採決した近藤昭一衆院総務委員長(民主)への解任決議案を提出した。

原口総務相に是正申し入れ=ネットの児童ポルノ対策―国家公安委員長(時事通信)
鳩山首相 韓国艦沈没「隣国がとんでもないことを」(毎日新聞)
<シデコブシ>岐阜「恵那テクノパーク」 自生地避けて造成(毎日新聞)
内科副部長、盗撮容疑で逮捕=専門学校生のスカート内―広島(時事通信)
両国でも暴力団観戦…初場所で警視庁確認(読売新聞)
posted by アサヒ シゲキ at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。